キャリア女子ドットコム

年収900万円女子が30歳で知っておきたかったお金とこどもの話

共働きの家計管理 | お金を貯めるにはお財布を一緒にするべきなのか問題について考える

f:id:misakoxxx:20200503164902j:plain

 共働きで同じ位収入を得ているカップルが結婚した場合、お財布を一緒にするか、あるいは別のお財布で支出を分担していくのか、悩まれている方も多いと思います。

 
お金が貯まる仕組みを作るためにはどのようにすれば良いのでしょうか。
 

一般的に共働き夫婦の家計の管理方法には2つがある

1 お財布を別々にする

f:id:misakoxxx:20200503183309p:plain

お互いの収入はこれまで通りお互いの給与口座へ入れます。そこから家賃や光熱費等必要な経費を共通の口座に入れたり、あるいは夫は家賃、妻が光熱費と食費といったように負担分を決めてお互いに負担します。そこから家賃や光熱費等必要な経費を共通の口座に入れたり、あるいは夫が家賃、妻が光熱費と食費といったように負担分を決めてお互いに負担します。
 
2 お財布を一緒にする

f:id:misakoxxx:20200503183339p:plain

お互いの給料を1つの共通口座に入金する。そこから家賃や光熱費等必要な経費を支出します。また各自のランチ代などは、お小遣いとして共通の口座からお互いの財布に対して支出します。
 
どちらがおすすめ?
一般的にはお金の貯まる仕組みを作るためには②お財布を一緒にするを勧められることの方が多いです。なぜならば夫婦で別のお財布にしてしまうと、家計全体としてのお金の流れが見えにくく、「相手はこのくらい貯金をしてくれているだろう」と勝手に期待してしまったりするからです。
 
しかしながら夫婦でお財布を一緒にしてしまうと、自分個人として稼いだお金が見えづらくなってしまい、仕事に対するモチベーションが下がってしまうことさえあります。特にお互いのお小遣いの金額を先に決めてしまっていると、仕事をがんばってボーナスが多くなってもそれが個人のお小遣いに反映されなくなってしまい不満を感じますよね。
 

おすすめは一緒の財布で別管理にすること

そこでお勧めしたいのが給与口座を一緒にするのではなく家計簿アプリでお互いの支出を見える化して一元管理することです。
 

f:id:misakoxxx:20200503183242p:plain

お互いの給与振込口座はお互いの口座のまま、アプリにそれぞれの口座を連携させてお互いに口座の残高を見れるようにします。そうすると家族のお金の流れを可視化することができ、さらにお互いが稼いだお金はお互いのお金として認識することができます。家賃や光熱費などの家計維持に必要な経費はお互いに支出額を決めて特定の口座に振り込みます。
 

家計簿管理はアプリがおすすめ

我が家ではマネーフォワードを使っていますが、ZaimやMoney treeでもいいと思います。

 

マネーフォワード:

(+) 自動連携口座の種類が圧倒的に多い。証券口座やクレジットカードを複数種類使っている人には非常に便利。

(-) グラフのレイアウトや色使いが見づらく、個人的には毎日開きたいアプリの位置には入りませんでした。

 

マネーツリー:

(+) シンプルなUIで非常に使いやすい。貯金 - クレジットカード残高 = 純資産のグラフが非常にわかりやすいため、毎月の家計簿 (CF) というより資産残高の管理 (B/S)に向いている印象

(-) 毎月の予算管理の機能はない

 

Zaim:

(+) 主婦の方が作られているアプリのためデザインが見やすい。毎月の予算に対する進捗が見えやすい。

(-) 連携できる口座が少ない。確定拠出年金の口座など自分が使っている口座が自動連携非対応の場合は手入力の手間が発生する

 

 

さいごに

お互いがしっかり稼いでいるパワーカップルこそお互いにもう少し貯金していると思ったとびっくりすることも少なくありません。子供ができると共通の支出も多くなりますので、なるべく早いタイミングで家族としてのお金の流れを見える化しておくことをおすすめします。参考になれば幸いです。