アラサー共働きOLの家計簿

お金のかからない東京の愉しみ方、節約、ライフプランニング

*** 産後1~2か月の家計簿 ***

出産前、出産後はなにかとお金がかかるイメージがありました。

しかし産後の忙しい中で家計簿ブログを書いている方は非常に少なかったので、わがやの実際の産後の家計簿を公開してみたいと思います。

f:id:misakoxxx:20200316222339j:plain

我が家は共働き家計で、過去の家計簿ブログは家賃など折半後の妻側のみの収支を公開していました。私が産休中で収入がないこともあり、今回は世帯の家計簿になります。

なお、出産費用は今回の家計簿には含めていません。興味のある方は過去記事【出産レポ6】東京大学医学部付属病院で無痛分娩 ~ 出産費用総額を公開 - アラサー共働きOLの家計簿を参照くださいませ。

生後0~1か月までの記録はこちら *** 産後0~1か月の家計簿 *** - アラサー共働きOLの家計簿

 
 

生後1か月~生後2か月の家計簿

 

【手取り収入】98万円

給与:47万円(税引後)

出産手当:47万円 (※) 実際の振込は産休終了後

 

【支出】445,200円

住民税 (妻) 約5万円

家賃 182,000円

ジム 8,000円

食費 55,400円

育児用品 35,000円

日用品 9,600円

交通費 6,300円

通信費 (携帯2台+自宅インターネット+アプリ課金) 19,200円

衣服 21,800円

美容院 5,800円

資格試験費用 6,000円

交際費 6,000円

光熱費 15,100円

その他 25,000円

 

私が産休中のため住民税は直接区へ振込になります。支出は旦那の給与内に収めることができたので、産休手当を丸々貯金することができそうです。

産後2か月目の育児用品の支出は54,000円でした。内訳で主だったものは以下です。

ひんやりしないお風呂マット 2,800円

・お宮参り初穂料 5,000円

・お宮参り写真撮影 11,000円

骨盤矯正ガードル 11,000円

・洗い替えお布団カバーセット 3,500円

 

おむつは最初の1か月は産院で使っていたパンパースをつかっていましたが、おしりをふわふわに包みたいと思いナチュラルムーニーに変更し、ちょっとコストUPになりました。

 

お宮参りの撮影は前回のマタニティーフォトと同じOurphotoで出張カメラマンさんに来ていただきました。Ourphotoについては過去記事に詳しく書いているので興味がある方は過去記事をご覧ください。

【ロケーションフォト】ourphotoでマタニティフォトを撮影した話 - アラサー共働きOLの家計簿

 

交通費が高めなのはお宮参りと1か月検診のタクシー代です。

育児中心であまり外出していないにも関わらずこの出費なので少々見直す必要がありそうです。汗