アラサー共働きOLの家計簿

お金のかからない東京の愉しみ方、節約、ライフプランニング

お金の価値は様々。出産後に用意してよかったもの。#理系女子

妊娠中、いろんな雑誌やブログを読んで出産準備を進めていました。

「出産準備!買って良かったもの、いらなかったもの」みたいな特集って本当によくあると思います。その中でいらなかった!ものの上位に高確率でランクインしているのが「赤ちゃん用体重計 (ベビースケール) 」でした。

f:id:misakoxxx:20200130091131j:plain

ですが入院中、初産で母乳の出に悩んだ私は「病院の授乳室と同じ環境を家にも用意したい!」と思い、入院中にベビースケールをレンタルサイトでぽちしました。

 

ベビースケールをレンタルしてみた感想

めちゃくちゃ良かったです!

  • 外出することのできない産後1か月間、赤ちゃんの体重が順調に増えていることを確認できて安心
  • 母乳育児が軌道にのるまで、母測 (赤ちゃんが飲んだ母乳の量を測る)することで足すミルクの量が明確になる
  • 一番体重増加の激しい生後1か月間の成長曲線をプロットするのが楽しい(笑)

「買ってよかったもの、いらなかったもの」特集ではたいていそんなに毎日測るわけでもないので不要という意見が多かったですが、産後1か月を安心して乗り切るために、自分にとっては必須アイテムでした。もともと数字で物事をとらえるのが好き、という性格もあると思います。

 

人にとっての要不要は自分にとってのそれと一致しないんだなあと、

似た環境の人のアドバイスを参考にしつつ、自分で失敗を繰り返して必要なものを見極めていくしかないんだなあと、思った出来事でした。

ちなみにレンタルしたのはTANITAのベビースケールです。