20代アラサー×プレママの家計簿

お金のかからない東京の愉しみ方、節約、ライフプランニング

MENU

【雑記】セルフコントロール感を高めることで従業員満足度は上がると思う

台風一過で暑い日が続きそうですね。千代田区の最高気温は36度だとか。

JRが前日から計画運休を発表してくれたお陰で私は事前に出社しないという選択肢をとることができましたが、旦那は当日の朝まで運行状況とにらめっこする状況でした。

f:id:misakoxxx:20190910083616j:plain

しかし8時に電車が動き出したとしても元々始発から乗る予定だった人たちがみんな乗るので激混み。空港を利用する予定だった人は午後でも8時間近く足止めをくらったそうです。

そこまでして本当に出社する必要がある人は一体どのくらいいるんだろう?」と疑問に思わざるを得ません。

 

仕事に対する満足度は待遇だけで得られるものではない。

今の会社で非常にHappyにお仕事させていただいているのですが、これは仕事内容や待遇だけによるものではありません。

金融やコンサル業界に転職すればもっと稼ぐこともできるし、オリエンタルランドに転職すれば大好きなディズニーランドのことを日々考えることもできます。

ですが今の会社で腹の底から幸せを感じられるのはセルフコントロール感があるからだと思います。具体的には以下のようなものが挙げられます。

  • ミーティングなどがない限りは出社時間は自由
  • 天候や体調の不良などで自由に自宅勤務に切り替えることができる
  • 自宅勤務の判断に上司の許可が必要ない(当日でも自己判断でOK)
  • 万が一旦那が転勤になっても私は勤務地を自由に選べる
  • 勤務中に休憩が必要であれば近所のカフェにいてもよい
  • 希望を出せば他の部署への異動などにチャレンジすることができる

 

正直なところ労働時間が短いとは言えないのですが、「いつ」「どこで」「どのように」働くかを自分でコントロールできている感覚があるので、負担が圧倒的に少ないです。

ちなみに自宅勤務制度を取り入れている会社も増えてきましたが「上司の許可が必要ない」というのが非常に重要です。事前申請制では柔軟に自分で判断することができないのであまり意味がないです。上司に、雨なので自宅勤務にさせていただいてよろしいでしょうか、と連絡するのは気がひけますよね。

同じ8時間働くにも「必ず9時~18時までオフィスにいなければならない」のと「天気が悪いから今日は出社を10時にしてラッシュを避けよう」と思えるのでは天と地の差があります。

 

仕事とはアウトプットを出すことでありオフィスに座っていることではありません。

少しでも働きやすい会社が増えるといいなと思います。

 

 

\同じジャンルのBlogを読む/

にほんブログ村 OL日記ブログへ