20代アラサー×プレママの家計簿

お金のかからない東京の愉しみ方、節約、ライフプランニング

MENU

ライフプランシート作成のススメ | おすすめ無料サイト

ライフプランシート」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

 

f:id:misakoxxx:20190818091842j:plain

ライフプランシートとは

家計簿とは異なり、これから先に起こりうるライフイベント (結婚・出産・養育・マイホームや車の購入 etc) を書き出し、毎年の収支を事前に把握して将来に対する不安をなくすためのものです。

家計簿は月単位あるいは年単位で収支を把握して赤字を防ぐ目的で使われますが、子供の進学や車の購入など大型出費が重なってしまうタイミングでは当然家計の収支は赤字になります。そのようなタイミングがいつ発生するのか?長期的に見れば問題ないのか?などをライフプランシートで確認することができます。

 

作成にあたってはファイナンシャルプランナー (FP) に相談しなければならずハードルが高そうと考えている方も多いかもしれませんが、実は自分で30分もかからず簡単に作成することができます。

専門の知識を持つFPは心強いですが、人間なので合う合わないがありますし、出会って間もない人に自分の収入や家計のことまで全て話すのは気がひけます。

 

ライフプランシートを自力かつ無料で作成できるサイト

「ライフプランニング シミュレーション」などのキーワードでgoogle検索するとたくさんの無料診断ツールがヒットすると思います。6つ程度の質問 (現在の年齢、年収、結婚したいタイミング、欲しい子供の人数 etc) に答えるだけで結果が出るものから、細かく質問に答えていく必要があるものまで多くの種類があります。

簡単シミュレーションは確かに便利ですが、例えば子どもの小学校が私立か公立かなどちょっとしたレバーで数百万の支出が変わってくるので、詳細にシミュレーションすることをおすすめします。

無料ツールで一番詳細にシミュレーション可能なのがスルガ銀行の10分詳細シミュレーションコースです。

www.surugabank.co.jp

▼右側の詳細シミュレーションがおすすめ

f:id:misakoxxx:20190818092848p:plain

 

質問に答えていくことでライフプランシート、生涯収支、キャッシュフロー表などを作成することができて非常に便利です。

唯一残念なのが保存機能がないので、シミュレーション結果はスクリーンショットを撮影して画像として残しておくのがおすすめです。

 

私の場合は将来第二子が大学に入学する40代半ばのタイミングで支出が最大になり、その1年はほぼ貯金できないものの、生涯収支で見れば5,000万円以上のプラスとなり問題ないペースになりそうです。

貯金や資産運用をしていると今のペースで問題ないのか不安になることも多いと思いますが、将来のトータル支出とスケジュールを把握しておくことで不安を取り除くことができそうです。