20代アラサー×プレママの家計簿

お金のかからない東京の愉しみ方、節約、ライフプランニング

MENU

泉佐野市のふるさと納税 100億円還元キャンペーンでお得なコースを計算してみた

テレビやふるさと納税に関するニュースで話題沸騰の泉佐野市。従来から高額な還元率で注目を集めていました(私もこれまでのふるさと納税金額の約30~50%ほどは泉佐野市へ寄付しており、おかげで我が家の家計簿からビール代は消えました)が、今回は100億円還元という超特大キャンペーンを開催しています。

f:id:misakoxxx:20190216142247p:plain

出典:泉佐野市公式ふるさと納税サイト(http://furusato-izumisano.jp/campaign/index.php

これは泉佐野市へふるさと納税を行うと、通常の返礼品に加えて、amazonギフトカードまでもらえる、びっくりするほどお得なふるさと納税になっています。トータル還元率は70%をゆうに超えます。

なお、泉佐野市はこれまで楽天やふるなびなど多くのサイトからふるさと納税を申し込むことができましたが、今回のキャンペーンは公式サイト経由での申し込みのみが対象となるため注意が必要です。

 

サイトを訪問すると2つのコースから選択することができます。ちなみに返戻品の種類は同じでしたので、違いは「配送時期」と「Amazonギフト券の返戻率」のみです。

f:id:misakoxxx:20190216142124p:plain

出典:泉佐野市公式ふるさと納税サイト(http://furusato-izumisano.jp/campaign/index.php

[A] 返礼品は順次発送・Amazonギフト券 10%

[B] 返礼品は5月以降発送・Amazonギフト券 20%

多くのサイトで返礼品の発送時期を遅らせればAmazonギフト券が10%多くもらえるためBコースの方がお得などと解説されていますが、ちょっと待った。注意が必要です。なぜならば、実はこの2つのコース、返礼品は同じでも納税金額が違うのです。

 

よくみると最初の説明に書いてあります。

[A] 10,000円でビール1ケース、Amazonギフト券1,000円分(納税額の10%相当)

[B] 15,000円でビール1ケース、Amazonギフト券3,000円分(納税額の20%相当)

 

つまりBコースはAmazonギフト券を2,000円分多くもらえる変わりに5,000円多く寄付しなければならないのです。5,000円の追加寄付に対して利益は2,000円なので、この差額部分についての返礼率は40%相当ということになります。還元率として悪くはありませんが、6月まではまだ多くの自治体で50%近い返礼率のふるさと納税が実施されているため、ものすごくお得というわけではなさそうです。

ちなみに通常10,000円の寄付でよなよなビール24本ケースを返礼品としてもらった場合、おおよその返礼率は64%です。

f:id:misakoxxx:20190216145205p:plainf:id:misakoxxx:20190216145211p:plain


 

発送時期を遅らせればその分Amazonギフト券が多くもらえる、という単純なものではないので注意が必要です。

ただし、和歌山県高野町など旅行券を返礼品に設定していた自治体は1月に即終了してしまったため、Amazonギフト券という使い勝手の良い金券を返礼品として残している自治体は超貴重です。一人暮らしの方などで、大量の食料品が届いても消費できないので金券が欲しい!という方にはやはり[B]コースへのニーズがありそうです。

 

まとめると、

[A]コース:食料品など高額返礼率のものを消費できる世帯向け

[B]コース:1人暮らし会社員などふるさと納税で金券をGETしたい方向け

となると思いました。ちなみに私は[A]コースにしようと思います。

 

---------

ぽちっと応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村

 --------

泉佐野市の公式ふるさと納税サイトはこちら 

furusato-izumisano.jp